定期預金は流動資産?

売る商品を企業が仕入れて、その商品を販売すると言うようなサイクルにおいて、商品を売るための店舗自体や店舗が建っている土地などを、固定資産と言います。
つまり、商品を売るために1年をオーバーして使われる建物、土地などの資産と、決算日の次の日から数えて満期日が1年をオーバーする定期預金等、換金することを1年以内に想定していないような資産を固定資産と言います。


固定資産の場合は、無形固定資産と有形固定資産に分けられます。
無形固定資産というのは、知的所有権である特許権や商標権などで、有形固定資産というのは、具体的にある資産の建物、土地などです。
この様に、定期預金で決算日の次の日から満期日が1年をオーバーするものも固定資産と見なされます。


しかしながら、定期預金で決算日の次の日から満期日が1年をオーバーするものを、固定資産と見なすかに関しては違った意見もあります。
定期預金で決算日の次の日から満期日が1年以内のものは、一般的に流動資産と見なされます。


普通預金で満期時に振り替えする予定がなく、1年以上継続して定期預金として更新予定のものも、流動資産と見なすべきと言うような意見もあります。
しかしながら、定期預金で次の満期日が1年以内のものも固定資産として見なすべきとの意見も多くあります。
定期預金で次の満期日が1年をオーバーするものは固定資産と見なすのが、正しいバランスシートの作成方法とされています。


本サイトでは、流動性の考え方、現金化しやすいもの、当座資産とは、についてご紹介します。


Copyright © 2014 定期預金は流動資産? All Rights Reserved.